おすすめ更新情報

病気・寄生虫・虫

呼吸困難の7歳少女の気管でヒルが成長していた(中国)

1:名無しさん:2014/03/16(日)23:17:59 ID:akhreguxL
http://www.mapion.co.jp/news/entertainment/techi-201403yokote2014031610110-all/
【アジア発!Breaking News】呼吸困難の7歳少女に医師もビックリ。気管でヒルが成長していた。(中国)
2014年03月16日19時00分 / 提供:TechinsightTechinsight

「気管支炎から呼吸困難に陥った」として
大きな小児科病院に運ばれてきた幼い少女を診察し、医師はあまりにもビックリした。
何か黒いモノがその気管に付着しており、取り出してみるとなんとそれはヒルであったのだ。

中国雲南省の昆明にある小児科病院「Kunming Children’s Hospital」に10日、
呼吸困難を訴える昭通市の7歳の少女が両親に付き添われて運ばれてきた。

医師はその気管に何かがベッタリとへばりついていることを確認。
さっそくそれを取り出す処置を行った。
その正体が判明して全員がもうビックリ。
なんとそれは生きているヒルであったことをglobaltimes.cnが伝えている。

両親もその子も、長引く風邪から気管支炎が重くなっていたのだとばかり思っていたそうだ。
そのヒルは全長約5cm。
医師は「当初は小さかったヒルも、その子の血液を吸うことで長い間に成長を続けたのだろう」と話したという。
恐ろしいのはヒルが入り込んだその原因。思い当たるフシといえば、
「水道の蛇口に直接口をつけて飲んでいた」ことだそうだ。




※ 画像はイメージです。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)
続きを読む

エイズの患者とHIV感染者 2番目の多さ 感染ケースの半数は・・あっ(察し

1: フライングニールキック(catv?):2014/03/02(日) 14:09:19.25 ID:/w+dPTbi0 BE:150633779-PLT(12001)
去年1年間に国内で新たに報告されたエイズの患者とエイズウイルスの感染者は、合わせて1546人で、過去2番目に多かったことが、
厚生労働省のまとめで分かりました。

厚生労働省によりますと、去年1年間に国内で「エイズを発症した」と報告された患者は469人で、前の年より22人増えました。
また、エイズウイルスへの感染が報告された人は1077人で、前の年より75人増えました。
患者と感染者を合わせた数は1546人で、統計を取り始めた昭和60年以降、2番目に多くなっています。
これまでに国内で報告された患者と感染者は合わせて2万2971人で、男性どうしの性的な接触で感染したケースが半数を占めているということです。
感染した人のおよそ3人に1人は、発症したあとに医療機関を受診して、初めて感染に気付いたということです。
厚生労働省のエイズ動向委員会の委員長で、東京大学医科学研究所の岩本愛吉教授は、「早期に治療することで、発症を抑えるだけでなく、
ほかの人に感染させるリスクを下げることにもつながるので、心当たりがある人はぜひ検査を受けてほしい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140302/k10015645521000.html
続きを読む

【閲覧注意】殺人ダニ 全国にはびこっている事が判明

1: ファイナルカット(WiMAX):2014/02/26(水) 15:35:00.72 ID:OMfdWh3OP BE:239696429-PLT(12872)
「殺人ダニ」、関東・東北にも分布 国立感染症研究所の調査

国立感染症研究所は2014年2月26日、
マダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の国内分布調査結果を発表した。
SFTSはこれまでに西日本を中心に53人が感染し、うち21人が死亡している。
調査では患者が報告されていない地域(三重、滋賀、京都、和歌山、福井、山梨、長野、
岐阜、静岡、栃木、群馬、岩手、宮城県、北海道)でも、SFTSウイルスを保有するダニが確認された。

http://www.j-cast.com/2014/02/26197747.html
続きを読む

【朗報】 佐村河内氏、医学会の大スターに!! 「全聾から回復。本当なら学会発表レベル」

1: ウエスタンラリアット(岡山県):2014/02/14(金) 18:45:54.37 ID:KwH6G8f30 BE:1395116328-PLT(12030)
佐村河内氏の“聴力回復”に医学界騒然 「本当なら学会発表レベル」

 墓穴を掘った!!“エセ作曲家”佐村河内守氏(50)が、さらなる窮地に追い込まれることになる。
全聾(ろう)であることを撤回し「3年前から回復してきた」と告白した同氏に医学界は騒然。
事実ならば奇跡としか言いようがなく、近日中に行う記者会見では具体的な説明が求められるからだ。

 厚生労働省も障害年金の不正受給を念頭に“捜査”を始めており、騒動はもはや国家的な関心事
に…。さらなる疑惑も次々と噴出しており、身体障害者手帳を返上してハイ、おしまいとは到底
いかない。

「本当に聴力が回復したのなら、奇跡としか言いようがない。それこそ学会で発表してもいいレベル
です」

 そう断言するのは、耳鼻科専門医だ。「両耳が聞こえない」はずの佐村河内氏が12日未明に
発表した謝罪文で「3年くらい前から言葉が聞き取れる時もあるまで回復していました」と明かした
ことが、専門医を驚かせ、そしてあきれさせている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000001-tospoweb-ent
続きを読む
楽天市場
記事検索
【オススメ!!】2chまとめAnteNavi!!【オススメ!!】
連絡先

utubo999@yahoo.co.jp
https://twitter.com/utubo999
QRコード
QRコード
人気ブログランキング
他サイト様更新情報
  • ライブドアブログ